サイトに載せそびれたマシン達


ウチのサイトでは開設以来、新車を制作する度に更新を行なっているのですが
たびたび新車を撮影したにも関わらず、走らせずに廃車になったり
レースに1度だけ出場して撮影せずのままのマシンも、少なからずあります。
ここでは、そんな撮影した中でマシンギャラリーに掲載しそびれたマシン達を紹介します。

まずは、ノーマルのテラスコーチャーRS。
2011年11月に行われた、えのもとテクニカルレースにて
ノーマルマシン部門で使用。3位に入賞しました。

シャーシは完全に素組みで、ボディは塗装しています。

何故このマシンかというと、ノーマルマシンでローラー幅の広いS2シャーシのマシンを使う予定だったのですが
当時は小径タイヤのフルカウルミニ四駆のプレミアムキットしかS2マシンは販売されておらず。
ですが、大会直前にS2の大径タイヤを使用したキットで このマシンが発売されたばかりだったので
早速素組みで投入。目論見通り決勝戦まで進んだのですが、決勝戦では2台のライジングエッジに敗北したのでした。

こちらは、2012年9月に行われたフレンドリーカップの特殊モーター部門にて投入した仕様。
レギュレーションとして、全てのパーツが加工禁止とのことだったので
普段使わないパーツや、S2小径-2012のローラー等を流用しています。
フロントはナチュラルのFRPワイドプレートに9oベアリング
リヤはSXXのEVOT付属のカーボンステーに
上は19oプラリン、下は830ベアリング
タイヤはローハイトタイヤ&ホイール。
ホイールはシャフトが抜けにくいメッキホイールを使用。
シャフトは60o強化シャフト。

こちらは耐久杯で、雨天でのレースとなった際に使用するつもりで制作したマシン。
ベースマシンはホットショットJr.(MSシャーシ)

プラローラーで、メタル軸受けのボールベアリングを使用しないウェット仕様だったものの
使う機会が無く廃車に。

こちらはS2が出た頃に、公式用に制作してみた提灯マシン。
特に使用機会が無く、すぐに耐久杯でS2シャーシ限定が開催される事になった為
撮影後、間もなく解体することに。

こちらは2010年の夏に再販された、トラッキンミニ四駆。
えのもとで限定レースを開催した際に制作し、3位に入賞したのですが
これ以降に使用機会が無く、パーツ取りの為解体することに。

まだ販売されているうちに、もう一台本格的なトラッキンは作ってみたいところ。

BACK

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー