MI DAM・FIREFOX


前回、中国製のパチ四駆を紹介しましたが
今回は韓国製のパチ四駆です。
メーカー・マシン名はキット内の英文を読み取ったものなので、正確には違うかもしれません。
ハングル文字が読めないもので…;

…写真から既に「コレってミニ四駆なのか…?」と思わせるフォルムですが
一応タイヤとローラーが付いていますw

セバスチャンさんからの頂き物です。感謝。

早速、パッケージの写真から検証。
ローラーがデフォルトで10個取り付けられる、結構本格的なシャーシ。

ちなみに箱のサイズはワイルドミニ四駆サイズと、何気に豪華です。

ただ…フロントローラー部分が曲がった状態で写真撮るってのは
ツメが甘いのか、単なる手抜きなのか;

高性能モーター付き!
ギヤ比は4.2:1…とでも書かれているのでしょうか?
モーターのラベルには「ハイパーダッシュモ−ター」と書かれてます;

開封〜

箱の大きさに相応しく、中身は一杯パーツが詰まってます。
こちらはボディ?、タイヤ、ホイール類

こちらがシャーシ、金具類
パチ四駆としては、プラスチックの質は そこそこ良好でした。

まずはボディ。
一つ一つのパーツが細かい;
ミニ四駆なのに、キャラモノプラモを作る感覚でしたw

シャーシ&メインボディ
↑のボディパーツを、メインボディに取り付ける形のようです。

シャーシは金具が既にモールドされてました。
アオシマのパチ四駆を思い出しますw

シャーシ裏にはメーカーの刻印が。
1次ブーム後期のマシンみたいです。

ギヤ、ローラー、ビス類
ギヤは一種類のみでした。
シャーシパーツ
結構シンプルな構造です。
タイヤ・ホイールは珍しくラベル付きでした。
が、良く見ると本家のGUPラベルに酷似してる罠…
手元にあった、タミヤの初期ラベルと比較。
”4WD MiniRacer”部分はフォントも全く同じでした。
非常に分かりやすいコピー商品ですねw

説明書
ボディ形状といい、説明書といい
別のプラモじゃないかと錯覚します;

数少ない英文が書かれていたのでそれらしく翻訳すると
・チューンアップ スーパーパワー ダッシュモーター入り
・ハイグリップ レーシングパワースポンジタイヤ
・軽量シャーシ
・組み立ては、はめ込み式
・接着剤不要
・単三電池2本が必要(別売り)
・4輪と2輪の選択が可能

…どこのパチ四駆も、書くことは一緒ですねw

しかも何やら怪しいキャラクターも…
このマシンをイメージした守護神的な何かでしょうか?
アイデアは面白いのですが、果たして受け入れられたのか…

裏にはパーツ全図が。
しかし写真なのは数点のみで、途中からイラストにw
投げやり感が伝わってきますww

そんな感じでひとまず制作。

…見るからにして既に仰々しい形状;
流石は韓国といったところでしょうか。

箱絵と色が全然違うのは、パチ四駆の常識って事でw

シャーシも結構インパクトがあるのですが
何よりも、このボディ?がボディに見えない;

ちなみに説明書には塗装の指示は何も無く、ステッカーも入っておらず。

ボディキャッチはミニ四駆のボディキャッチを足して二で割ったような不思議な形状。

シャーシは派手なタイヤ以外は、そこそこ本格的な仕様。

フロント
衝撃用のスポンジに、バネを介したシーソーローラーが。
スラストは変化しないので、単純に減速用でしょう。

サイド
ローラー2個にスタビポール。
バネのせいか、ローラーは回りません;

リヤ
リヤステーに、ノーズアップ防止のスタビローラー。

蛍光イエローのホイールに厚みのあるワイドホイール。
直進性を高める為でしょうか?不思議な形状です;

スイッチは予め金具と一緒にモールドされているので
操作は容易です。

ただ…やはり形だけを真似た感があり
モーター位置も結構高いです;モーターケースには
”CAUTION MAY BE HOT”と、注意を促す刻印…

刻印するくらいなら対策しろよww

シャーシ内部
センタープロペラシャフトなので、モーターにシャフトがくっ付くことがしばしば;

モーターも韓国メーカーのモノのようです。

実際に走らせたところ、ボディは尻尾の高さの為LCが潜れずw
スピードは結構速かったですが、ローラーが如何せん甘甘なので簡単にコースアウト;

形だけそれっぽくしても、速くはならないという法則が見事に当てはまるマシンでしたとさ。

BACK

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー