アオシマ・イシンデントJr.


青島文化教材社から第1次ミニ四駆ブームの際に発売された、初代テクニ四駆です。
RCLインターナショナルのラジコン、イシンデント・プロのミニ四駆化だそうで…

秋葉原の某店で380円で購入。定価は600円。

開封〜♪

金具は予めシャーシに組み込まれ、シャーシパーツはかなり少なく見えます。

(ちなみに、BUZZ先生のサイトにも同シリースのマシンは紹介されています)

組み立て〜♪
1次ブームのレーサーミニ四駆を彷彿とさせるデザイン。
スパイクタイヤなのにウイングローラー。
なんとなく矛盾してる気が(汗)
で、このスパイクタイヤなんですが(右はタミヤ製)
触り心地が良いです(笑)
シャーシ
なかなか頑丈です
ただ…フロントバンパーの付け根が細くて(爆)
スイッチは後ろに置かれ、パワーとスピードの2つのギヤ比をスイッチによって選択できる仕組みになっています。
ギヤケースを開ければ構造が分かるかと思います。
スイッチ金具とカウンターギヤが同時稼動してタイヤが動きます。
…その為、空転時間を調べる事は出来ませんし、ギヤの欠けは早そうです。
金具は部分的に予め作られていて、それをはめ込むだけでOK。金属部分を触る必要がない、良い設計だと思います。
フロントはこの通り。
スイッチが後ろにある為、センターシャフトはシンプルな設計になってます。
カーボン製シャフト、ジュラコン製軸受けと、ノーマルマシンながら豪華な仕様になってます。
ローラーはネジ止めではなくリベット圧入型。
セッティングがやりにくそう…。・゚・(ノД`)・゚・。

BACK

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー