ミニ四駆風フェスタジョーヌ


2013年に発表されて、実際に販売しても格好良いとの評判を崩さなかったマシン、フェスタジョーヌ。
早速、実車と見紛うばかりのリアル改造を施されているマシンが各所で見受けられていますが、

実写風の改造ばかりなら、ミニ四駆本来の、ミニ四駆らしい改造にしても良いのではないか?
という考えから制作しました、ミニ四駆風フェスタジョーヌです。

ミニ四駆なのにミニ四駆風っていうのも、変な表現ではありますが。

フロント

リヤ
左サイド
右サイド

フェスタジョーヌのボディは、ノーマルのままでも十分に格好良いのですが
ウイングが気になったのでカット。
さらにトップ部分の丸っこい部分が気になったので肉抜き。

あとはコクピットとライト部分を肉抜きして、メッシュ貼り。

フロントバンパーは、ジャパンカップ2013ファイナルで販売されたFRPプレート。

シャーシ裏には弓FRPとスタビブレーキ。
リヤステーも、フロントと同じくジャパンカップ限定のFRPプレート。
タイヤはオフセットトレッドにSXのカーボン小径ホイール。

横から見ても分かるように、このマシンは前後共にシャコタン化している為
通常のフックではボディを取り付けられないので

←のように、ボディパーツをシャーシにビス止めして取り付けるように改造。

リヤ部分は毎度のように、ボディキャッチ部分をカットして
FRPの粉で補強。
ホイールアーチはカットせず、そのままの状態でギリギリタイヤが当たらない高さに下げています。

 

ちなみにこのマシン、2014年初頭に制作したものなのですが、某氏に貸していて
最近になって返却された為、今更ながら掲載した次第。

BACK

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー