レーサーミニ四駆アメリカンコミック


見ての通り、ミニ四駆を題材にしたアメリカンコミックです。
サイズはB5の同人誌サイズなのですが、これはタミヤが出版したもの。
(正確には、タミヤのアメリカ代理店MRCがセールスプロモーション用にDC出版社と契約して制作したものだそうです)

前々から表紙は目にしていたのですが、中身を見る機会が無く
今回も松尾さんからご厚意でお譲り頂きました。感謝。

1990年、春頃のものらしいです。

表紙は英語のみですが、日本で販売された物なので ちゃんと中身は日本語訳されています。

漫画のストーリーは、宝石泥棒(表紙の人物)が使う縮小ガンによって小さくなってしまった4人の少年達が
ミニ四駆に乗って大暴れ…といった感じです。
いかにもアメコミといった感じの悪役と、役立たずな大人たちを尻目に行動力のある少年達。

余談ですが、アメリカで販売していたミニ四駆は「ライトニングレーサーズ」という名称で販売されていました。
(代理店のMRC名義で販売していた為だと思われます。現在のミニ四駆はタミヤアメリカが販売しているので…)

ちなみに文章は、英文をそのまま訳した感じなので 結構説明的な文章です。
例えば少年の一人(画像のバンキッシュを購入した子)のセリフを引用すると

「まあまあ このスタイルを 見てくれよ。エアロフォルムが決まってるじゃないか」
「……とにかく、次は性能アップだ。まずボールベアリング、ローラーも必要だろうし、そのうちモーターだって変えるさ。ハイパーミニかダッシュだ。みててくれ、性能アップにかけては もう十分に研究してあるんだ。」

以上のセリフが ひとコマで構成されていますw
日本の漫画であれば、少なくとも2,3コマは消費されるセリフ数でしょう。
いかにもアメコミっぽい感じがして、興味深いです。

BACK

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー