井桁S1-2016Ver.1

 


2016年10月に、10周年を迎えたスーパーえのもと杯に合わせて制作しました、S1井桁マシンです。
井桁マシンはほぼ毎年制作しているのですが、S1で井桁を制作したのは6年振りなので
6年の間に変わったトレンド部分を踏襲しつつ制作しました。

フロント
左830右WAで104.96o

リヤ
上下共に830で
上104.80o、下104.42o

左サイド

右サイド
フロントローラーのスラスト角は左2度右3度

ボディは以前S2井桁用に制作していたウイニングバード。

重量は69gと、このマシンも70g切りしていますが、S1なら もう少し軽く出来るイメージがあるので
まだまだ軽くしたいところ。

フロントバンパーは全てカーボンで構成。
通常GUPとなった直カーボンを使用すると、ロゴがいい感じの場所に付くので良いです。

バンパーは両端のみ2枚構成。
サイドプレートはFRPプレートを使用しています。

リヤステーもフルカーボン。サイドプレートは弓FRP。
ローラーベースは127oと、ちょい長め。

リヤバンパーも、両端のみ2枚構成。
ローラー軸は2o中空プロペラシャフトで軽量化。

タイヤは、自分としては初のダブルインナー。

…にするつもりが、計測をミスった為、急遽トリプルインナーに。
フロントは白タイヤ→青タイヤ→→白タイヤ→ローフリクション

リヤは白タイヤ→青タイヤ→白タイヤ→黒の組み合わせ。
タイヤ径は34.8o

シャーシはプライズ品の、バーニング・サン ヘリオスで使用されている蛍光グリーンのS1。

基本的な構成は、今まで通りですが
電池落としは今回も行っています。
バッテリー部分のサイドプレートには直カーボンを使用。
ギヤ部分も衝立と位置合わせのみ。
カウンターギヤのシャフトにも2oの中空プロペラシャフト。

BACK

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー