PRO用ギヤの加工


ミニ四駆において、PROのギヤはシンプルかつ加工がしやすいので
以前は色々と削ったり切り取ったりしていました。

そんなPRO用ギヤの、現在の加工法を紹介。

まずはスパーギヤ。
左の画像は、左から
ノーマル、歯面加工、側面加工したギヤ。
以前までは右側のギヤを使っていましたが、加工に時間がかかるわりに
コースアウトするとすぐに歯が欠けてしまうので、現在は真ん中の加工法に落ち着いてます。

方法は他のギヤと同じで
ワークマシンに取り付け、回しながら紙ヤスリ(1000番あたり)で少しずつ削っていきます。
あまり力を入れず、ちょっと丸くなったな程度で十分。

次にカウンタギヤ。
中心の穴を3o程のサイズに途中まで広げる、他のシャーシのカウンタギヤと同じ手法。
他は特に手を加えません。

取り付けは至って普通に。
520ベアリングに、フッソコートギヤシャフトを使えば十分でしょう。

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー