バンパーレスユニットの取り付け方


軽量センターユニットに続いて登場しました軽量前後ユニット
バンパーレスユニット。

ミニ四駆まつりの当時に発表されて以降、若干の改良を経て発売されたこのパーツですが、スパーギヤ部分には接触の抵抗を少なくする為か520ベアリングも装備でき、LEDも搭載出来る部分もあり、単なるバンパー無しユニットではない付加価値のついたパーツですが…

いざ説明書通りにサブプレートを介して装着すると、写真のようにローラースラストがほとんど付かないばかりか、むしろアッパースラストな勢いとなっている状態…
バンパー自体も、確かにFRPだけで組むこともあって硬そうに見えますが
スラスト保持の意味では厳しいと思います。

リヤもユニット下部に付けるよう説明書に書かれていますが…

強度の意味でもあまりオススメしません。
小径マシンでは地上高の関係で付けられるパーツも限定されますし…

そんな感じで、個人的にオススメする取り付け方は
写真のようなものに。

フロントは、ボディのフックの両端に付いているビス穴。
そこにラジ四駆のFRPリヤステーを取り付けます(SX用FRPリヤステーでも可)
下からビスを通しナット止めする場合は、スプリングワッシャーを挟めばOK。
この位置がバンパーとしてちょうど良い位置になりますので、そこからバンパーを伸ばしてローラーを取り付けます。

横から。
下にサブプレートを通したい場合は、先端にフロントブレーキを付けてみると
ちょうど良い位置に付けられますのでオススメです。

リヤは通常リヤユニットと同じで、上から取り付けるのですが
ノーマルだと凸型の突起か付いていますので、そこをカットして平らにした状態で取り付けると、高い強度で取り付けられます。

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー