シャコタン改造


ミニ四駆のボディは、実車マシンでもそうですが車高が低いほど格好よく見えるものです。
最近のマシンは旧シャーシマシンのボディと比べれば低くなっていますが、それでもマシンによっては車高が高く、そのまま取り付けても横から見ると格好悪く見えます。
特にMSシャーシにアダプターを取り付け、旧シャーシのボディを付けると顕著にそれが分かります。
そこで、ボディを加工して車高を下げる改造。通称”シャコタン”改造をすることで、横から見ても格好の良いマシンにする事が出来ます。

今回はマンタレイMk.Uの、リヤ部分を加工してのシャコタン改造を紹介します。

まず、ボディキャッチ部分をカット。
ニッパーで切ると楽です。
次に、下げたい分だけボディの裏を削ります。
ときどきシャーシに取り付けてみて、当たる部分を確認して下さい。
納得いく位置にまで下がったら、瞬着で仮止めし
FRPの粉で固めれば簡単に取れることはありません。

これで完成。
この改造は、ボディキャッチ部分が欠けてしまった時の修理にも応用が効く改造なので
覚えて損は無いと思います。

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー