YRG型鳥居


ミニ四駆PROのMSシャーシは、ノーマルでも十分に硬く、頑丈ですが
如何せん重く、ノーマルではタイヤのサイズが制限されてしまいます。
そこでシャーシを大幅に軽量化し、FRPで固定することで軽量かつ高剛性を確保する事が出来る『鳥居』と言われる改造法が、MSシャーシの改造法の一つとして使われています。

まずはシャーシの軽量化。
左がノーマル。右が改造後。

そのままでは電池が落ちるので、FRPを貼って支えとします。
シャーシの一部をあえて残して軽量化する手もありますが、電池落としを施したい場合はFRPを先に1枚張って
その上に支え用FRPを貼ることで、若干の電池落としになります。

フロント部は、写真のように固定せずに回転式にすることで電池の交換を容易にできます。
シャーシ上部に貼るFRPは、こんなカンジで削り
サイドを押さえるパーツは、SXのバッテリーホルダーを加工したものです。
取り付けるとこんなカンジ。
FRPの取り付け具合によってはタイヤが3点接地になる場合があるので
ちょうどいい位置に取り付けてネジ止め・又は瞬着固定する必要があります。

バンパーは、FRPで新設することで軽く出来ます。
上がフロント用、下がリヤ用。

なお、鳥居改造はネジを多く使うことで重くなったり、タイヤが3点接地になりやすかったりなどの弱点がある為
普通に電池周りを肉抜きするだけでも、よい場合もあります。
改造法の一つとして、捉えていただければ。

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー