モーターピンの削り方


井桁マシンの必需品、モーターピン。
WA(2段アルミローラー)や、520ベアリング系を使用する場合、そのままではモーターピンの太さ(普通のビスより若干太い)から普通には装着できないばかりか、ベアリング故障の原因にもなります。
そこでモーターピンを削る必要があります。

まずは、モーターピンをリューターに取り付けます。
(写真はハンドドリルですが、ギヤを入れ替えてリューターとしても使用してます)

リューターで回転させながらヤスリで520が通るくらいに大雑把に削り、細目の紙やすりで細かく削り、仕上げにコンパウンドで表面を整えます。

左が加工後のピン。若干光沢度が違います(笑)

WA装着例。
ベアリングの上にはブレ防止(ピニオンギヤを加工した物)を取り付けます。

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー