プロペラシャフトの加工


ミニ四駆の4輪に力を伝える重要なシャフトがプロペラシャフト。
以前は歯面を斜めにカットする方法を行っていましたが、あれは歯を満遍なく同じ形状で加工しなければならない為
精度が求められる改造でした。正直、無加工でも十分に軽いです。

それよりも重要なのは、シャフトの精度です。

買ったばかりの中空軽量プロペラシャフトは、見た目は精度高いように見えますが
保存状態によっては見えないレベルで曲がっていることが多く、結局精度を求めるのであれば
数多く購入し、選別するのが一番簡単な方法です。
2oサイズであれば特にそのままでも十分精度はあるのですが、1.4oサイズは長ければ長いほど選別の必要性があるでしょう。

とは言え、微妙に曲がっているように見えるが走行に酷い影響は見られない。
そんなプロペラシャフトを使わないのは勿体無い。
ある程度妥協したいという方は、シャフトの質を高めてみるのは如何でしょうか。

シャフトのシャーシに当たる部分を、金属みがきで磨いてから
BD-9などのクリーナーで脱脂すれば、回転を僅かながら良くする事が出来ます。

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー