カウンターギヤの加工


ギヤの中で、内部にベアリングを組み込むギヤとして、最も定番なのがカウンターギヤ。
加工法も様々です。

左から、ノーマル、丸穴、730、9mm+520。

以前はフローティング加工など、色々と施していましたが
非常に精度を求められる改造法なので、現在はシンプルな改造に落ち着いています。

正直な話、無理な加工をするより無加工の方が速かったりします;

それでも、自分の場合は
中心部の穴をピンバイスで3oに広げ、ギヤシャフトが当たる部分を減らし…

620を入れて完成。瞬着でベアリングを固定すれば、尚良いです。
これで十分な性能を発揮します。

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー